●台中で自転車イベント、日本も参加

台中市政府観光旅遊局が開催の「OK台湾、台中出発-台中自転車フェスティバル」が22日開幕した。招待を受けた「日本友好都市代表チーム」は、大分県、大分県中津市、広島県、愛媛県、鳥取県などから参加した総勢20人のチーム。台湾や中国の団体と共に台湾一周のツーリングに挑戦する。総延長900キロメートルのルートを九日間かけて周り、出発地点である台中市政府広場に29日に帰着予定だ。台湾自転車産業の中心である台中市は、自転車関連のイベントを数多く開催する他、自転車道の整備なども積極的に進めている。

広告

コメントを残す