●黒松、秋田地酒「高清水」を独占販売

飲料メーカーの黒松(HeySong)が23日、秋田の有名地酒「高清水」の台湾地区独占販売権を取得したと発表した。「高清水」は1944年、秋田県の24人の酒造家が集まった酒造会社・秋田酒類製造株式会社で誕生。全国新酒鑑評会で18年連続金賞を受賞している。黒松は2008年に「黒松白鹿」、2016年には「剣菱」の代理権も取得した。ソフトドリンクの繁忙期である夏が終わり、年末にかけての業績を酒類販売で押し上げる。現在、黒松の酒類売上は総売上の約40%を占める。

広告

コメントを残す