●雲林虎尾タオルフェス、桐生市が参加

台湾のタオル製造業の8割が集まる中部の雲林県虎尾鎮で4日と5日、「虎尾タオルフェスティバル(虎尾毛巾節)」が開催される。虎尾鎮にはタオル産業関連の四つの観光施設があり、4日には「タオル紡績国際交流テーマ館」も開幕する。また、今年は紡績業で有名な群馬県桐生市も参加し、同フェスに「日台タオル紡績産業国際交流区」が設けられる。雲林県政府は、今年9月に行われた「東京インターナショナルギフトショー」をきっかけに桐生市との産業交流を開始。台湾には「和美織、虎尾巾(織物は彰化県和美鎮、タオルは虎尾)」という言葉があるが、「西の西陣、東の桐生」として有名な桐生市との交流を基礎に、虎尾タオルの海外進出を進めていきたい考えだ。

広告

コメントを残す