●冬の機能性衣料商戦開幕、各社が新作

羽毛衣料製品の世界的大手・光隆実業(KWONG LUNG)が、今年もファミリーマート(全家便利商店)と組み冬用のダウン衣料を打ち出す。昨年販売した低価格ダウンベストは3カ月足らずで3万5000枚を売り上げた。今年はダウンジャケットもラインナップに加える。また、これまでに世界で10億枚を販売したユニクロの「ヒートテック」は今年、裏起毛の増量などを行い、3種の新商品を打ち出す。セブンイレブンはストライプや水玉模様など、デザイン性の高い保温衣料で差別化を図る。コンビニのHi-Life(莱爾富)は今年、スポーツに適した軽量・速乾・通気性などを強みとした裏起毛保温衣料の販売を始めた。

広告

コメントを残す