●杏輝、日本の点眼薬企業と提携へ

医薬品製造の杏輝薬品工業(Sinphar Pharmaceutical)は15日、日本の眼科領域製薬会社と技術移転提携を行い、東南アジア市場を中心に海外進出する予定だと明かした。提携先は日本の点眼薬製造で上位3位に入る大手企業だという。杏輝は日本側からライセンス権を取得して眼科用医薬品を製造し、東南アジア地域での認可を2020年に取得、2021年に販売開始を目指す。また、同社のOEM薬の製造も手掛ける予定だという。杏輝の今年1~10月の累計売上は前年同期比1.91%増の17億4000万元(約65億3035万円)。来年からは海外市場への展開を強化する方針だ。

広告

コメントを残す