●国際ブランド価値、ASUSが5連覇

経済部(日本の経済産業省に相当)工業局が発表した「2017年台湾国際ブランド価値ランキング」によると、トップは電子機器ブランドの華碩電脳(ASUS)の16億7800万米ドルで、5年連続でトップとなった。また前年比成長率が最高だったのは美食達人(85℃)の16%(今年の順位は8位)だった。工業局は、ブランド価値の変動は、世界の産業の発展の趨勢を反映しており、今回はモノのインターネット(IoT)の発展で関連産業のブランド価値が成長した一方で、電子製品市場の成長が緩和し、関連産業のブランド価値にマイナスの影響が出た。

 

<2017年の国際ブランド価値ベスト10>

①華碩電脳(ASUS):16億7800万ドル

②趨勢科技(トレンドマイクロ):14億500万ドル

③旺旺控股(ワンワン・ホールディングス):9億2900万ドル

④中信控股(CITICホールディングス):5億3100万ドル

⑤巨大機械(ジャイアント・マニュファクチャリング):4億8600万ドル

⑥研華科技(アドバンテック):4億8400万ドル

⑦国泰金控(キャセイ・フィナンシャル・ホールディングス):4億1400万ドル

⑧美食達人(85℃):4億400万ドル

⑨宏碁(エイサー):3億9600万ドル

⑩聯発科技(メディアテック):3億8100万ドル

Leave a Reply