●両岸合作の国文教材出回る

中国の統一戦線工作が教科書の編集にも及んできた。中国福建師範大学両岸文化発展研究中心、福建師範大学文学院(文学部と台湾の中華文化教育学会合同で編集した髙中(高校)の国語(国文)教材が発行され、すでに台北萬芳髙中、達人女中、高雄前鎮髙中、高雄師範大附属中などで使用されている。中国メディアの報道によると、両岸は2014年6月から共同編集を始めており、数十の大学、中学で「髙中国文」、「中華文化来輔教材」、「髙中古詩文選読」など13冊が編集されたという。

広告

コメントを残す