●八卦山で希少動物の石虎、25年ぶり

絶滅危惧(きぐ)種とされる希少動物の石虎(タイワンヤマネコ)の足跡が彰化県八卦山区近くで確認された。現地の農業委員会特有生物保育センターによると、同センターが設置した赤外線カメラに今年10月10日の早朝、石虎の姿が映っていた。一帯では過去25年、石虎の姿は確認されていなかったが、これで一帯に今も生存していることが分かった。石虎は日本のイリオモテヤマネコとは別種で、ベンガルヤマネコの亜種といわれ、体長50センチ前後で普通の猫と同じくらい。南投県、台中市、苗栗県、彰化県などに500~1000頭生息しているとみられているが、都市化などで生息数は減少しており、今年9月および10月にも車にはねられ死んでいるのが発見されていた。

広告

コメントを残す