●台湾、eスポーツ国際大会で優勝

コンピューターやスマートフォンなどの電子機器を使った競技「e(エレクトロニック)スポーツ」の国際大会の決勝戦が26日、韓国・ソウルで開催され、台湾のプロチーム「SMG」が優勝した。台湾のチームがeスポーツの国際大会を制したのは2012年以来、5年ぶり。

大会はプレーヤーが二つのチームに分かれて敵の本拠地を破壊し合うオンラインゲーム「Arena of Valor」(伝説対決)で競われた。台湾、韓国、ベトナム、タイ、インドネシアから12チームが参加。台湾からは2チームが出場し、共に準決勝に進出した。勝ち進んだSMGが決勝でベトナムのチームに4-1で快勝し、優勝に輝いた。

SMGは歌手のリン・ジュンジエ(林俊傑/JJ)らが創設したチームで、JJは同日、自身のフェイスブックページに祝福コメントを投稿。立ち上げ当初から世界チャンピオンを目標にしていたと振り返り、メンバーの努力をたたえた。同チームは来年1月から約3カ月に及ぶ春季シーズンに臨む。

台湾ではeスポーツが盛ん。今月初旬にはスポーツ産業の発展に関する法律の一部改正案が立法院(国会)で可決され、eスポーツが正式にスポーツ産業に加えられることが決定した。(中央社フォーカス台湾)

広告

コメントを残す