●邱義仁氏、CPTTP加入支持を訴え

日本台湾交流協会台北事務所は11日、台北市内のホテルで天皇誕生日祝賀レセプションを開いた。台湾側からは李大維・外交部長(外相)、邱義仁・台湾日本関係協会(台日協)会長らが出席した。沼田幹夫・台北事務所代表は、今年は日台双方が窓口機関の名称を改称するなど重要な歩みがあった年だと挨拶。邱会長は「もし台湾がCPTTP(包括的先進的環太平洋連携協定)に加入できれば地域の平和と安定に貢献できる。台日双方に有利なだけでなく、地域の繁栄にも助けになる」と述べ、台湾のCPTTP加入支持を訴えた。

広告

コメントを残す