●高鉄、23日から桃園以北に11本増

台湾高速鉄路(台湾新幹線)を運営する台湾高鉄は12月23日(土)から来年1月7日(日)までの16日間に合計11本の列車を増発する。運行区間は主に北部の桃園から南港まで。これは、23日から高鉄桃園駅周辺で大規模なコンサートなどが予定されており、利用客が通常より大幅に増えることを想定した措置。12日午前0時から切符を発売する。台湾高鉄では、乗車希望者はできるだけ早めに乗車券、座席指定券を購入するよう呼び掛けている。

 

<増発列車11本の運行予定>

■12月23日(土):列車番号1570(台中→南港、台中を午後9時51分発)、停車駅は苗栗、新竹、桃園、板橋、台北

■12月23日(土)列車番号1574(桃園→南港、桃園を午後11時3分発)

■12月24日(日)列車番号1574(桃園→南港、桃園を午後11時3分発)

■12月26日(火)列車番号1576(桃園→南港、桃園を午後11時15分発)

■12月27日(水)列車番号1576(桃園→南港、桃園を午後11時15分発)

■12月29日(金)列車番号1576(桃園→南港、桃園を午後11時15分発)

■12月30日(土)列車番号1574(桃園→南港、桃園を午後11時3分発)

■2018年1月1日(月)列車番号1578(桃園→南港、桃園を午後11時17分発)

■1月5日(金)列車番号1576(桃園→南港、桃園を午後11時15分発)

■1月6日(土)列車番号1574(桃園→南港、桃園を午後11時3分発)

■1月7日(日)列車番号1574(桃園→南港、桃園を午後11時3分発)

※12月23日~1月7日の桃園→南港は、いずれも停車駅が板橋、台北の二駅

※上記の全列車にそれぞれ自由席車両7両を連結する(1~3号車、9~12号車)

広告

コメントを残す