●誠品書店、来年は国内に4店新設

誠品書店(Eslite、エスライト)は来年、国内に4つの新店舗を開設する。来年春、花蓮遠東百貨に開設する花蓮1号店を皮切りに、台北、高雄、台中に出店する。また、来年には電子書籍サービスも開始する計画だ。

現在、誠品は台湾・中国・香港に計44店舗を展開しており、今年の来店客数は合計延べ2億人に達した。また、同社の最新調査によると、台湾人(20~60歳)の読書量は減少しておらず、紙の本・雑誌の平均閲覧時間は一人当たり週6時間。4人に1人は一日1時間以上読書をし、月に一度以上書店を訪れる消費者は6割に達する。年間書籍購入数は平均9冊、購入額は3149元(約1万1793円)、誠品会員では平均14冊、14%が年間1万元(約3万7450円)以上書籍を購入している。

広告

コメントを残す