●苗栗で最高齢の女性、110歳で死去

台湾北西部の苗栗県で最高齢(110歳)の黄郭蝦さん(女性)が16日午前5時過ぎに亡くなった。黄郭蝦さんは農家に生まれ、農業に携わる一方で、自らむしろを編むなどして倹約生活を送ってきた。四男四女を育てた。性格は非常に明るく快活だった。字は読めなかったが記憶力が非常に高く、子孫、親類ら150人の電話番号を記憶していたという。

10年前、血栓が起きたが、医師は年齢を考慮して手術を行わなかった。それでも黄郭蝦さんは日ごろから練功十八法をたしなみ、また薄味の料理を好み、ここ数年は特に病気をしなかった。しかし16日早朝、呼吸困難に陥っているところを発見され、110番通報を受け、駆け付けた救急隊員によって死亡が確認された。強い寒波の影響で急激に気温が下がったことが影響したもよう。

広告

コメントを残す