●中砂と日本山村硝子、合弁会社を設立

研磨材や再生ウエハーの中国砂輪企業(KINIK:中砂)は25日、日本山村硝子株式会社(兵庫県尼崎市)とレンズ事業で合弁会社を設立すると発表した。光通信市場向けレンズキャップの生産・販売を行う新会社は来年春、台湾北西部の新竹県に設立予定で、資本金額は約10億円。中砂が30%、日本山村硝子が70%の株式を持ち、日本側が主導する形となる。中砂の光電事業部は非球面レンズに強く、日本山村硝子は光通信用球面レンズに強みを持つ。合弁会社により両社の技術力と販売力を結集し、事業の拡大を目指す。

広告

コメントを残す