●無料レジ袋廃止、飲料店など各社対応

来年1月1日から、無料レジ袋の提供禁止に7業種が加わり、約8万店が影響を受けるとみられる。うち、ドリンクスタンドが約2万5000店と最も多く、同業界だけで年間8億7000万枚のレジ袋が削減できると推計される。同じく対象となっている量販店やスーパーなども、制度開始前から有料袋への切り替えなどを実施している。全国968店を展開するドリンクスタンド「清心福全」は2週間前から無料袋廃止を店頭に掲示し、1月1日からは1枚1元(約3.8円)を徴収する。また、マイバッグの販売やマイカップによる割引も実施する。全国500店舗超の「50嵐」では今年9月から顧客への告知を実施し、有料化に備えている。この他、コンビニ大手のセブンイレブンは、店内の「無印良品」コーナーでの商品購入399元(約1511円)でMUJIデザインの布製マイバッグ贈呈キャンペーンを1月2日まで実施中だ。

広告

コメントを残す