●台湾の新パスポートに米国空港の写真

外交部(外務省)が25日に発行を始めた第二代のウエハー入りパスポートで、桃園国際空港とした写真に米国ワシントンのダレス空港の写真を使っていたことが分かり、26日、急ぎ回収を始めた。外交部は同日午前の記者会見では「間違いない」としていたが、その後、誤植であることが判明、すでに285冊が発給されていたことも判明した。外交部は、新版パスポートは20万冊を印刷しており、既発給文も含めすべて回収する。この外交部の大失策に対し、危機処理ができてないと批判が高まっている。

広告

コメントを残す