●新竹でツバキ展、約1500種が集結

北部・新竹市で6日から、大規模なツバキ展が開催されている。台湾各地のツバキ約1500種余りが集まるもので、比較的少ない香りの強い品種も観賞できる。

主催の中華民国ツバキ学会によると、今月の第1、第2各週末は見てよし、食べてよしとお祭りのように楽しめるほか、苗木プレゼントなども予定されているという。

同展は3月31日まで開催。(中央社フォーカス台湾)

広告

コメントを残す