●花蓮地震、死者10、行方不明者7に

花蓮の地震から丸2日たった9日午前現在、中央災害応変センターによると、地震による死者は10人、負傷者は276人となった。また、連絡が取れない人は雲門翠堤ビルの7人だけとなり、災害などで生存の確率が急激に下がるという「72時間の壁」が迫る中、必死の救出作業が続いている。地震では四つのビルが傾いたが、雲門以外は捜索が終わった。雲門ビルで行方不明となっている7人はいずれもビル内のホテルの宿泊客で、カナダ籍華人2人、中国人観光客5人。5人の中国人は親、子、孫の三代での旅行客だという。

広告

コメントを残す