●台湾の蜜棗、初めて対日輸出へ

台湾の蜜棗(インドナツメ)が初めて日本に輸出されることになった。行政院農業委員会(農委会)によると、今週から採集をはじめ、包装,検疫処理をし、3月6日に開幕する東京食品展に出品する。台湾の今年の出品の中で最大の“目玉商品“となる。蜜棗の対日輸出は7年前から検討されていたもので、ハエが寄生するため、検疫が課題の一つでもあった。日本側は係員を派遣し、低温殺虫実験などを実施、ようやく問題をクリアーし、輸出にこぎ着けた。農委会によると、1.2度の低温で14日間の検疫をする。採集時の成熟度は7-7.5分、甘さは10-11度を維持するという。

広告

コメントを残す