●ラミゴとロッテ交流戦、震災復興願う

台湾プロ野球のラミゴは17日、日本プロ野球のロッテと沖縄県石垣市中央運動公園野球場で国際交流試合の第1戦を行った。試合前の球場では「台湾加油!天佑台湾!」と書かれた手作りの横断幕を掲げるロッテファンの姿が見られた。

試合後には球場の外でロッテの台湾人選手、チェン・グァンユウ(陳冠宇)投手や大嶺祐太投手、ラミゴの陳俊秀内野手らが6日夜に起きた台湾東部地震の支援のための募金活動を行った。台湾出身で16日にロッテに支配下登録となったばかりの李杜軒内野手も活動に加わった。

石垣市は9日、台湾東部地震に対する災害義援金の募集を開始している。チェンは地震の翌日、たくさんの日本人選手が台湾の様子を尋ねるなど関心を寄せてくれたと話し、「日本はとても人情味のある国。本当にありがたい」と感謝を示した。(中央社フォーカス台湾)

広告

コメントを残す