●桃園メトロ、利用者数二千万人突破

桃園メトロ(MRT)は15日、累計利用者数が2000万人を超えたと発表した。昨年3月2日の正式開業から1年足らずでの突破となった。この日、メトロの中央指令所を訪れた鄭文燦・桃園市長は、2000万人突破は全く新たな始まりだと話し、今後の発展に期待を寄せた。

15日から20日までの旧正月(春節)期間中、空港線の利用者数は一日当たり平均約7万人に上る見込み。メトロは400人余りの職員を全線に配置し、対応に当たるとしている。 利用者数が1000万人に達したのは昨年8月下旬だった。(中央社フォーカス台湾)

広告

コメントを残す