●益安、テルモに止血デバイスを授権

医療機器の製造・販売を手掛ける益安生医(Medeon Biodesign)は2日、同社が開発した大口径止血デバイスXPro System(IVC-C01)の資産をテルモ株式会社(東京都渋谷区)に売却した。売却金額は、契約一時金2000万ドル(約21億2540万円)に加え、米国FDA認可など、各段階の条件に応じたマイルストーンが今後最大3000万ドル(約31億8810万円)発生する見込みだ。益安は今後も製品開発・臨床試験・認証・製品供給などでテルモを支援していく。また、8日には益安傘下の米国Panther Orthopedics社が開発した骨接合材料・PUMA Systemが米国の市販前認可であるFDA510(k)を得ており、益安は今後も医療機器の海外進出を加速する考えだ。

広告

コメントを残す