●「物流版Uber」Lalamoveが値下げ

オンデマンド型の配送サービスを運営する「Lalamove(ララムーブ)」が12日、近距離配送(5キロメートル以内)の最低価格をこれまでの80元(約291円)から75元(約273円)に引き下げた。香港発のスタートアップである同社は、台湾上陸3周年の今年、総売上高150%増、登録ドライバー数倍増を目標に掲げる。台湾で「一例一休」制が導入されて以来、この3カ月でドライバー登録者数は150%増加した。7割以上が副業だとみられる。同サービスでは、バイク便ドライバーの場合、月22日稼働、一日12件の業務で約5万元(約18万1702円)近い収入が得られる。今回の値下げにより、同サービスの利用件数2割増、登録ドライバーの増加が見込まれるとしており、ドライバー調達の時間を最短40秒にまで短縮できるという。

広告

コメントを残す