●ヒマワリ運動の元学生ら全員無罪

台湾高等法院(裁判所)は13日、4年前の太陽花(ヒマワリ)学生運動で立法院(国会)の議場を占拠した、現立法委員(国会議員)の黄国昌氏、元学生の林飛帆氏ら22人に対して無罪の判決を言い渡した。これで全員の無罪が確定した。立法院占拠は国民党政府が中国とのサービス貿易協定締結を強行しようとしたことに反対して行われたもので、多数の市民がこれを支援した。学生らは公務妨害などで訴えられたが、一審でも無罪となり、検察側は上訴したが、高等法院は「学生らの運動は言論の自由に属するもので、扇動には当たらないし、議場占拠による侵害は小さく、集会游行(デモ)法に違反していない」などの理由で無罪を言い渡した。

広告

コメントを残す