●旧台南水道、観光開発に民間募集

台南市文化局は22日、国定古跡の旧台南水道の整備および運営事業者を、台湾で初めて民間から募集する。旧台南水道古蹟は総面積56ヘクタール、水源地区と浄水場地区がある。今回は水源地区で「水道博物館園区」「山上花園」及び「宿泊施設区」をOT及びBOT方式で開発する。早ければ年末に開幕予定だ。この古蹟は西拉雅(シラヤ)国家風景区に位置し、1912(大正元)年から10年をかけて各施設が建築された。第二次大戦後、烏山頭ダムなどの完成によりその役目を終えるまで、台湾で最も早期に整備された都市生活用の衛生インフラだった。

広告

コメントを残す