●力麗と丸紅、洋上発電で合弁へ

繊維大手・力麗(LeaLea)グループ傘下の台湾緑色電力(Taiwan Green Power:TGP)は28日、彰化県外海の28号区の洋上風力発電所を丸紅株式会社と共同開発すると発表した。TGPが50%、丸紅が30%、発電施設開発の台湾汽電共生(Taiwan Cogen)と風力発電機プロペラ製造大手・天力離岸風電科技が計20%を出資して合弁会社を設立することにしており、共に提携意向書を締結した。風力発電機は8または9.5メガワット(MW)規格のものを採用する予定で、総発電容量は600MW、投資総額は865億元(約3171億円)を見込む。

広告

コメントを残す