●梅の花咲き誇る、山肌ピンクに/台中

中部・台中市の山間部で、桃の花が開花し、山肌をピンクに染めている。美しい風景を一目見ようと、多くの行楽客が観賞スポットに押し寄せている。

約5.8ヘクタールの桃林を擁する武陵農場(標高1740~2500メートル)では、ジュセイトウをはじめ多数の品種の桃が栽培されている。袁図強場長によれば、最も注目を浴びているのは背が低いジュセイトウで、他の高い木とは違い、見下ろす形で観賞できるのが魅力だという。

標高2100~2614メートルに位置する福寿山農場では、十数品種の桃が楽しめる。栽培面積は約5ヘクタール。すでに続々と開花を始めているという。(中央社フォーカス台湾)

広告

コメントを残す