Category: Traveling

台湾が世界に誇る紅茶「蜜香紅茶」の郷を訪ねて~ 花蓮県瑞穂郷舞鶴台地

文・写真:片倉真理(かたくらドットねっと)

1. 山肌に一面に広がる茶畑。

多くの人を魅了してやまない台湾茶の世界。従来の烏龍茶に加え、最近は台湾産紅茶も耳目を集めている。今回は台湾東部の花蓮県瑞穂郷で栽培される「蜜香紅茶」について紹介してみたい。



蜜のような甘い香りの紅茶

台湾の東部。緑の山々に囲まれた舞鶴台地は茶どころとして名を馳せている。一面に広がる茶畑では茶摘みの女性たちが手を休めることなく働いており、茶葉は地場産品として耳目を集めている。1970年代から政府主導で台湾茶の栽培が積極的に進められ、現在は「天鶴茶」というブランドで全国的な知名度を誇る。

近年は烏龍茶のみならず、「蜜香紅茶」という紅茶も話題となっている。花蓮は「無毒農業」と呼ばれる自然農法が盛んな土地で、夏になると茶畑にも「ウンカ」と呼ばれる小さな虫が発生する。この虫が噛んだ茶葉を用いて高発酵の茶葉を作ったところ、熟成したフルーツや蜂蜜のような甘い香りを持つようになった。これをさらに改良したものが「蜜香紅茶」である。ちなみに、新竹特産の東方美人茶も同じく「ウンカ」に噛まれた茶葉を用いるが、茶樹の種類や製法、発酵度などが蜜香紅茶とは異なる。
当初はウンカによる被害が茶農家を悩ませていたが、蜜香紅茶の開発によって状況は一変した。市場の反応も最初は冷たかったというが、品質向上を目指した不断の努力で、今や舞鶴台地を代表する産物となっている。まさに「災い転じて福となす」といった状況だ。

世界的な評価を受けた東昇茶行の蜜香紅茶

現在、舞鶴台地には数十軒の茶農家がある。その中でも広く知られているのが「東昇茶行」。ここの蜜香紅茶は2006年と2010年に国際コンテストで金賞を受賞するなど高い評価を受けている。女性オーナーの粘阿端さんによれば、ウンカが茶葉を噛めば噛むほど香りが良くなるとのことで、茶畑では化学肥料を一切使用していないという。
製茶作業は想像以上の労力を要する。まずは手摘みした茶葉を竹ざるに万遍なく並べ、室内で20時間くらい寝かせる。この状態で発酵を進ませた後、丁寧に茶葉を揉み、中の茶汁が葉の表面にも付くようにする。さらに2時間半ほど寝かせ、葉が赤みを帯び、フルーティーな香りがしてきたら、乾燥機、または焙煎機に入れてようやく完成となる。全行程で考えると36時間近くもかかるという。店では行楽客が気軽に茶摘みや製茶を体験できるコースも用意しているので、興味があればトライしてみよう。

戦前にはコーヒー栽培も行なわれていた

東昇茶行は日本とも深いつながりをもつ。ここ舞鶴台地は日本統治時代に国田正二という人物がコーヒー産業を持ち込み、栽培を行なっていた。河岸段丘の地形と朝晩の寒暖差が良質なコーヒーを生み出し、皇室にも献上されたことがあるという。
残念ながら戦後を迎え、コーヒー産業は衰退してしまったが、東昇茶行の敷地内には当時植えられた樹齢80年というコーヒー樹が大切に守られている。数年前には国田氏の功績を称えた銅像も建てられ、子息もこの地を訪れたという。
昨今の台湾は空前のカフェブームとなっており、台湾産のコーヒー豆も注目を集めている。東昇茶行でも国田氏を記念してコーヒー栽培を復活させている。そして、コーヒー豆と蜜香紅茶を混ぜた「藏紅鴛鴦咖啡」というユニークな商品も人気があるという。これはコーヒーの苦みと蜜香紅茶の甘さが絶妙な交じり具合を見せている。

若きオーナーが手がける客家の伝統茶

7. しゃれたカフェのような喫茶空間。

そのほか、舞鶴台地には2016年に行政院農業委員会農糧署に優良茶農家として表彰された「吉林茶園」もある。ここでは四代目の若きオーナー、彭瑋翔さんが従来の茶農家とは異なる幾つかの試みを手がけている。その一つが店先に喫茶空間を設け、自家栽培のコーヒーや蜜香紅茶を提供していること。 また、客家に伝わる「酸柑茶」もアレンジしている。
舞鶴台地は桃園や新竹など、台湾北部から移住してきた客家(はっか)系住民が多く暮らしている土地。彭さんの父親も客家人で、母方はアミ族だという。

酸柑茶はミカンの中に茶葉を入れて蒸したもの。咳止めや喉の腫れに効能があると言われ、漢方薬の一種として扱われることも多い。彭さんは土地の特産品である無農薬レモンと蜜香紅茶を用い、「檸檬酸柑茶」を開発した。レモン風味の紅茶は飲み心地が爽やかで誰にでも受け入れられそうだ。客家人に伝わる知恵と自らのアイデンティティーを大切にしたいというオーナーの気持ちが伝わってくる。
舞鶴台地では自然の恵みと人々の知恵が奥深い台湾茶の世界を織りなしている。東部幹線の瑞穂駅からは車で10分くらいの距離なので、ぜひ訪れてみよう。

(2017年2月号掲載)


w予備・アクセスアクセス
台北駅から台湾鉄路(在来線)の東部幹線に乗車し、瑞穂駅で下車。普悠瑪(プユマ)号、または自強号で所要約3時間~4時間、運賃は583元。瑞穂駅から東昇茶行までは車で約15分、吉林茶園までは車で10分ほど。

東昇茶行
住所:花蓮県瑞穂郷中正南路二段256号號
TEL:03-887-1878
吉林茶園
住所:花蓮県瑞穂郷舞鶴村七鄰迦納納二路169號
TEL:03-887-1463


もどる

Formosa 再発見! ローカル線ぶらり旅 内湾線に揺られて客家集落へ

%e5%86%85%e6%b9%be04%e5%90%88%e8%88%88%e9%a7%8501
かわいらしい木造駅者の合興駅 。

 台湾の北西部、新竹の郊外を走る内湾線。平渓線や集集線に比べると、やや地味な印象の路線だが、その分、素朴な風情がたっぷりと味わえる。終点の内湾には客家系住民が数多く暮らしており、彼らの文化に触れることもできる。のんびりとローカル線のミニトリップを楽しんでみよう。 


取材・文:片倉真理/写真:片倉佳史(かたくらドットねっと)

高鉄からのアクセスが便利

深い緑に覆われた山間を進むディーゼルカー。内湾線は台湾鉄路(在来線)の新竹駅を起点とし、終点の内湾まで約27.9キロの距離を結ぶ。沿線で産出される木材や石炭、コンクリートなどを運搬する目的で敷設された路線だが、現在は行楽路線の印象が強い。郷愁あふれる内湾の町も、週末になると都会の喧噪(けんそう)に疲れた人たちが押し寄せ、相当なにぎわいとなる。
2011年には台湾高鉄新竹駅と台湾鉄路竹中駅を結ぶ六家線が開通し、内湾線との直通運転が実現。これにより新竹市街へのアクセスはぐっと便利になった。内湾方面に行く場合は竹中駅で乗り換えとなる。

%e5%86%85%e6%b9%be04%e5%90%88%e8%88%88%e9%a7%8503
「愛」をテーマにしたオブジェが並ぶ 。
%e5%86%85%e6%b9%be04%e5%90%88%e8%88%88%e9%a7%8502
旧型列車を利用したカフェ。

「愛」がテーマの合興駅

内湾線の沿線には観光地らしいものはないが、ぜひとも途中下車したいのが終点から二駅前の合興駅。ここはスイッチバック駅として鉄道ファンの間ではよく知られた存在だった。これは駅舎が斜面上に位置しているため、平らな場所にもう一本線路を敷き、いったんバックして列車が停車するという構造だった。
現在、このスイッチバックはすでに廃止されており、駅自体も廃止する動きがあった。しかし、内湾線での通学をきっかけに知り合ったという地元カップルが駅舎の管理をするようになり、廃駅の危機を逃れた。そして、これにちなんで駅の運命は大きく変わることとなった。

%e5%86%85%e6%b9%be04%e5%90%88%e8%88%88%e9%a7%8504
のんびりとした風情が漂う。

2014年からはハーブグッズの販売で知られる「薰衣草森林」グループが駅周辺の開発を引き受け、カップルのエピソードを元に「愛」をテーマにした公園を整備した。ハート型の看板や願い事が叶う鐘など、至るところで「愛」を強調したオブジェがあるので、今やすっかり「恋人たちの聖地」となっている。敷地内には古い車両を利用したショップ兼カフェもあるので、ここでひと息つくのもいいだろう。
なお、2016年10月22日には、同じく「恋人の聖地」として知られる北海道の旧国鉄広尾線の「幸福駅」と姉妹駅協定を締結し、注目を集めた。今後は日台交流の場としても活用される予定だという。

内湾は客家(はっか)人の町
合興駅を後にし、再び列車に揺られると、緑豊かな車窓が続く。終点の内湾駅を降りると、山のひんやりとした空気が全身を包み込む。
ここより奥に位置する尖石ではその昔、木材や石炭などの資源が豊かで、内湾はその中継地点として栄えた。特に内湾線の開通後は興隆を極め、林場や鉱山で働く人たちのために商店や映画館、酒場などが設けられた。
駅前には今でも昔ながらの家並みが残っている土産物屋や食堂などが並んでいるが、客家(はっか)人が多く暮らす地域だけに、彼らの伝統料理や食材を扱う店が目につく。質素倹約を美徳とする客家人は、料理においても保存を重視し、漬け物などを多用するのが特色だ。芥子菜の漬け物である「梅干菜」や、ゆでた豚肉やキャベツに合う柑橘系ソース「桔醤」など、台北や高雄ではあまり目にすることのない食材も見られる。

素朴な味わいの客家料理を味わう
内湾では本場の客家料理を味わいたい。お薦めはかつての映画館を利用した「内湾戯院」だ。天井が高く、広々とした店内には、往年のポスターや生活骨董などが並べられ、正面のステージでは懐かしの台湾映画が常時、放映されている。

%e5%86%85%e6%b9%be%e5%8a%87%e9%99%a204
ノスタルジックな雰囲気 。

料理は梅干菜と豚肉を煮込んだ「梅干扣肉」や、スルメイカと豚肉、セロリなどを炒めた「客家小炒」、米でできた太麺「粄條」など、客家に伝わる家庭料理が味わえる。飾り気のない地味な見た目だが、醤油ベースの味付けなので箸が進むこと間違いなし。しかもリーズナブルなので、一人あたり300元もあればお腹いっぱいになる。

%e5%86%85%e6%b9%be%e5%8a%87%e9%99%a203
客家の家庭料理は濃い目の味付け。

食後には客家ならではのデザートを楽しみたい。客家の伝統茶芸とされる「擂茶」やピーナッツ粉をまぶした餅などを供する店がいくつかある。擂茶とはゴマやお茶請けけを擂(す)り鉢で潰し、緑茶や穀類をブレンドした粉を混ぜ、その上から茶水を加えて飲むというもの。ちょっぴり香ばしさもあって、懐かしさを感じる味わいだ。最近ではこれをアレンジした擂茶スムージーなどが人気を集めている。
「山中傳奇」は店先に大きな牛の像があるデザート店。擂茶のスムージー「擂茶冰沙(80元)」や先代オーナーが日本で習得したというミルクで作ったお餅風デザート「牛浣水(100元)」が人気。擂茶は出来上がったものをジュース感覚で飲める。
内湾線は知名度こそ低いものの、その沿線はどことなく素朴さが漂い、昔懐かしい気持ちになる。台北からは日帰り訪問が可能なので、豊かな自然と旅情に浸ってみよう。

(2017年1月号掲載)


アクセス %e5%b1%b1%e4%b8%ad%e4%bc%9d%e5%a5%8701
内湾線は台鉄新竹駅と内湾駅を結ぶ。台北から台湾高鉄利用の場合は高鉄新竹駅で台鉄六家線に乗り換え。竹中駅で内湾線に乗り換える。竹中から内湾までは約40分。本数は1時間に1本。内湾線の最終は内湾20時47分発。内湾線は一日乗車券(95元)もあり、途中下車する場合はこちらがお得。

内湾戯院
住所:新竹縣横山郷内灣村中正路227號
TEL:03-584-9260‎
営業時間:11:00~19:00(土・日曜~20:00)
無休

山中傳奇
住所:新竹縣横山郷内灣村光復路18號
TEL:03-584-9290‎
営業時間:11:00~18:00(土・日曜は10:00~)
月曜定休


もどる

トラベル・サービス 

※ 日可=日本語OK


ツアーホットライン  (02)2717-3737


交通部観光局案内所  0800-011-765 無料 日可


台湾観光協会  (02)2594-3261〜4 日可
(日本事務所) (03)3501-3591


観光局トラベルサービス中心  (02)2349-1588 日可


台湾桃園国際空港旅客サービスセンター  (03)383-4631 日可


空港タクシーサービス  (03)383-3066・398-2832


JCBラウンジ台北  (02)2531-0088 日可


KDDIジャパンダイレクト  00801-81-0051


クロネコヤマト生活情報ラウンジ(引っ越し等) (02)2700-9605 日可