タグ: 観光・サービス

●神社跡地にカワヅザクラ植樹 桃園市長、観光発展に期待

桃園市忠烈祠で18日、日本のNPO法人育桜会などによるカワヅザクラの贈呈・植樹式が行われた。出席した鄭文燦・桃園市長は、同市内に残る日本統治時代に建設された建物群などと合わせ、若者や観光客を引きつけ、台湾の歴史に理解を深めてもらいたいと語った。 “●神社跡地にカワヅザクラ植樹 桃園市長、観光発展に期待” の続きを読む

●台湾ランタンフェス 来年と再来年の開催地発表 嘉義県と屏東県で

交通部(交通省)観光局は17日、毎年恒例の台湾ランタンフェスティバル(台湾灯会)について、2018年は嘉義県、2019年は屏東県で行うと発表した。 “●台湾ランタンフェス 来年と再来年の開催地発表 嘉義県と屏東県で” の続きを読む

●<空港線>全駅・全車両で無料Wi-Fi提供 台湾初=一般試乗開始

一般客を対象にした試乗の受け付けを16日に開始した桃園メトロ(MRT)空港線。経済部工業局によると、同線全21駅の構内および全車両で無料の公衆無線LAN(Wi-Fi)サービスが提供され、利用者は乗車中もインターネットに接続できる。全駅・全車両でのサービス提供は台湾内のメトロとしては初。 “●<空港線>全駅・全車両で無料Wi-Fi提供 台湾初=一般試乗開始” の続きを読む

●1901年開業の山佳駅舎が修復完了、新旧駅舎が並ぶのは台湾初

台湾鉄路の山佳駅(新北市樹林区)で19日、旧駅舎の修復工事が完了し、開幕式が行われた。同駅は1901(明治34)年開業。現存する駅舎は二代目で、日本建築と西洋建築を融合した様式を残しており、2002年に新北市の市定古蹟に指定された。 “●1901年開業の山佳駅舎が修復完了、新旧駅舎が並ぶのは台湾初” の続きを読む

●和風建築をイメージ 台東気象観測所、運用開始

台東気象観測所で15日、新所屋が完成し、運用が開始された。建物は木造の和風建築をイメージしたもので、敷地内に残る樹齢100年を超える7本の松と合わせて、独特の情緒を醸し出している。 “●和風建築をイメージ 台東気象観測所、運用開始” の続きを読む