タグ: 電子・通信

●小米科技(シャオミ)、台湾の修理センター増設、6日開業

中国の通信機器・家電メーカー小米科技(シャオミ)が、台湾の電子機器販売・聯強国際(Synnex)と提携し、台湾の「スピード修理センター」を計9拠点に拡大した。 続きを読む “●小米科技(シャオミ)、台湾の修理センター増設、6日開業”

●中華電信、モバイル動画配信サービス2年以内に黒字化目指す

通信大手の中華電信(Chunghwa Telecom)の鄭優・董事長(会長)は2日、今年は同社のモバイル端末向け動画配信サービス(MOD)事業を強力に推し進め、2年以内の黒字化を目指すとの考えを明らかにした。 続きを読む “●中華電信、モバイル動画配信サービス2年以内に黒字化目指す”

●ソニー「PS VR」台湾でも発売、台北で記念イベント開催

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の仮想現実(VR)ゲーム用ヘッドセット「プレイステーション(PS)VR」が13日、台湾を含む世界42カ国で発売された。31種類のPSVR対応ゲームも同時発売された。台北地下街6号広場では13日、発売記念イベントが実施され、SIE台湾の江口達雄・総経理が台湾最初の購入者に商品を手渡した。台北地下街5号広場では、15日までの午後1時~8時、PSVRゲーム5種の体験会も開催される。

●急成長の米ライブ配信アプリ「live.me」、いよいよ台湾でサービス開始

米国チーターモバイル(Cheetah Mobile)が開発したライブ配信・視聴アプリ「live.me」が、台湾でもサービスを開始する。台湾での運営は台湾雪豹科技(Leopard Mobile)が手掛ける。「live.me」は今年4月にアメリカでリリース後、わずか4カ月でApp Store、Google PlayのSNS系アプリランキングで5位となるダウンロード数を記録。台湾では8月中旬に繁体字中国語版の試験運用を開始後、1カ月も経たずにGoogle Play SNS系アプリで4位となった。映像はFacebookやTwitterでも公開でき、台湾でも芸能人などが使い始めている。

●サムスンが「ギャラクシーノート7」製造中断、台湾のスマホ業者に商機

韓国のサムスン電子は10日、新型スマホ「ギャラクシーノート7」の不具合が相次いでいることから、同製品の生産を一時中断すると発表。「ギャラクシーノート7」は発売後、バッテリーの不具合により発火するケースが相次いで発生。サムスン同製品のリコール(無償回収・修理)を行ったが、交換後の製品からも発火するケースがみられた。このためアメリカ、オーストラリアの電信業者は、当面は「ギャラクシーノート7」の販売、交換の停止を発表した。サムスンによる生産停止は今後、台湾積体電路(TSMC)、大立光電(Largan、ラーガン・プレシジョン)、ICデザインの聯発科技(MediaTek、メディアテック)、EMS(電子機器受託生産サービス)大手の鴻海精密(HON‐HAI、ホンハイ)、英業達(Inventec、インベンテック)、液晶パネルメーカー友達光電(AUO)、群創光電(Innolux、イノラックス)など台湾のスマホ関連企業の株価上昇、受注増加などが予想される。